キャバクラ派遣会社の手数料相場と決め方【値下げによる差別化は必要なし】

キャバクラ派遣会社の手数料相場と決め方【値下げによる差別化は必要なし】

キャバクラ派遣運営では、派遣した人数 × 手数料 = 売上 となります。

そのため、1人当たりの手数料はいくらにしよう? っと悩まれるかと思います。

みず子
結論から言えば、身近な他社キャバクラ派遣に合わせればOKです。

で、自分が派遣できる人数と運営のスタイルによって変更していけば問題ありません。

 

キャバクラ派遣の手数料相場はいくらなのか

大手キャバクラ派遣会社の手数料で言えば、2500円〜3000円(税込)ほどが相場です。

もちろんこの相場より高い会社もあれば、安い会社もあります。

しかし、手数料が安い会社は、数万人規模の莫大な登録者を抱えており、薄利多売で利益を出しているケースがほとんどなので、個人の副業レベルで小さく始める方が大手の真似するのはオススメしません。

みず子
大手は数で戦いますが、私たち個人は『依頼されるタイミング』で戦います。(後述)

 

ランクやオプションにより手数料が変動することもある

キャバクラ派遣会社では、手数料が一律ということはほぼありません。

どの会社でも、必ずランク分けがされていたりオプションが用意されていたりします。

ランクとは?

女の子のルックスに対する評価。例えば、A > B > C の順に高ランクとなり、手数料も高くなる。

お店がAランクの子を呼びたいとなれば、通常の倍近く手数料を取るケースもあります。

オプションとは?

派遣には『優先』『リクエスト』と呼ばれるオプションがあり、お店が派遣キャバ嬢を指名できるシステムのこと。

キャバクラ派遣は、派遣キャバ嬢を呼びたい日時と人数を派遣会社に伝えることでランダムに募集されます。

なので、お店からすればどんな子が来るのか分からないブラックボックスなんです。

そのため、リクエストやランク指定を利用して、在籍キャストとのルックスバランスがブレないように調整するお店も多いです。

 

個人で運営する場合の手数料はいくらがオススメなのか

基本的に薄利多売はオススメしません。

個人で運営するのであれば、手数料は高く・派遣人数は少なく です。

なぜなら、現時点で関東だけでも登録者数万人規模のキャバクラ派遣会社は何社もあり、今から後発でシェア率を奪っていくのは難しいからです。

みず子
それならば、少ない派遣数でも確実にまとまった売上になるよう、手数料は平均の中でも高めに設定します。

 

大手の食い残しを拾う戦略

大手キャバクラ派遣は、登録者も多いので頼めば大体集まります。長い付き合いの信用もあります。

それでいて、薄利多売の運営なので手数料だって安いです。そんな派遣会社が、関東だけで何社もあります。

で、あなたが1人で立ち上げたばかりの、信用のないキャバクラ派遣をお店が利用するメリットはなんでしょうか?

みず子
ぶっちゃけ無いんですよ。利用するメリットが。

しかし、そんな末端キャバクラ派遣会社でも、お店が必ず利用してくれるタイミングがあります。

それは、大手キャバクラ派遣で募集を出しても集まらなかったときです。

 

お店がキャストを必要とするタイミングを見計らう

基本的に弱者のキャバクラ派遣運営では、このように大手が食い残した案件を拾って稼いでいきます。

当日に足りないキャストを用意できなかったお店は、手数料の金額なんて一切気にしません。

5000円だろうと6000円だろうと、女の子が集まるのであれば依頼をくれます。

上記の理由から、年末年始の繁忙期には手数料を通常の倍近くまで引き上げる派遣会社もあります。それでも使って貰えるからです。

私も現役でキャバクラ派遣を運営していたときは、夕方くらいに一気に依頼が集中することが多かったです。

なぜなら、事前に依頼していた大手で集まらなかったから。そんなときは決まって『今から女の子用意できるなら手数料高くなっても良いから何とかお願い・・・!』っと言われてました。

みず子
このように、始めたばかりの派遣会社では、お店にとっての三番手・四番手くらいの位置付けにありながら拾えるお金をコツコツ集めていくのが基本です。

ただし、大手と競合せずにキャバクラ派遣を運営していく方法もあります。

私はその方法に気付いてから、大手と一切競合しない派遣会社へと成長させることができました。

その方法や考え方は、有料note『闇の魔導書』で解説していますので是非。闇の魔導書では、キャバクラ派遣運営を成功に導くためのポイントを凝縮して紹介しています。

闇の魔導書(※公開後にリンクします)

 

無闇に値下げする必要はない

  • 後発組だからなるべく安く・・・
  • 他の派遣会社と差別化する為に・・・

このような考えは、本当に意味がありません。

先述しましたが、大手は手数料も安く・サービスも良いです。

手数料を少し安くしたくらいでは、『あんたのとこのが安いから乗り換えるよ』とはなりません。(※経験済み)

手数料の値下げは、お店に使って貰う為ではなく、女の子を他社に逃がさないよう囲う為に使います。

みず子
・・・ここも闇の魔導書に書いてある内容なので割愛させていただきます。

依頼が欲しいあまり闇雲な値下げを普段から繰り返していると、稼ぎ期の取るべきときに交渉されて稼げなくなります。

言えば安くしてくれる派遣会社というレッテルを貼られてメリットはないので、意味のない値下げは辞めましょう。

 

まとめ

キャバクラ派遣の手数料は、ライバルとなる会社の金額を見て決めればOKです。

各会社のHPを見れば、手数料が記載してあることがほとんどなので、開業前にしっかりとライバルをリサーチしてみて下さい。

また、手数料を特別安くしなくても、タイミングさえ見計らえば依頼を貰うことはできます。

重要なのは、大事なタイミングでも貰えた依頼に対して、しっかりと女の子を派遣できるかどうかです。

なので、値引きを考えるよりも、依頼されたタイミングでどうやって確実に女の子を派遣していくかを考えるべきです。

みず子
そのような部分も含めて、ポイントは黒の魔術書に記してありますので、本気でキャバクラ派遣を運営したい方は是非読んでみて下さい。

闇の魔導書(※公開後にリンクします)

>> キャバクラ派遣を立ち上げて稼ぐ方法|0から稼げる開業ノウハウを全て公開

© 2021 キャバクラ派遣を立ち上げて稼ぐ方法|0から稼げる開業ノウハウを全て公開